頼れる通信講座とは

簿記2級に素人が合格できるように助けてくれる、今特にパワフルな通信講座には、
独特の条件があります。この条件に従って通信講座を選んで申し込んだら、
簿記2級合格の最短コースへの第一歩を踏み出すことができます。

簿記2級の合格を目指せる勉強方法は通信講座だとひとつ前のページで説明しました。
ただし、通信講座も人気に火がついてちょっとしたブームになったせいでしょうか、
わりと参入してくる業者がある時期に増えてしまったようです。
つまり、今ではどんな通信講座でもよいというわけではありませんね。

簿記2級の合格を近づけてくれそうな通信講座の条件をここで列挙してみます。

1 教科書のヴィジュアル効果を高めている

教科書が読みづらいとそれだけでやる気が落ちてしまうことがあります
我慢して読もうとしてもなかなか頭に入りませんから、「やる気があるのに
いつまでたっても簿記2級に合格するレベルに上がれない」なんてことになりかねません。

よくない例をひとつ紹介しましょう。
視覚効果として、1色や2色くらいの印刷で、ごちゃごちゃと書かれている教科書では
読む気がわかなくて当たり前
ですね(なのに、現実にはけっこうあふれています)。
しかし、カラフルなページ割りをしていて、図や表を交えながら
すっきりとした説明をしていると、短時間で頭にスッと入ってくるようになるものです。

2 DVDのような映像の教材の演出に気を使っている

予備校が通信講座に参入してくるときにありがちなのは、
教室の講義を固定カメラで撮影してDVDにしたりWebにアップしたりしていることです。
これは長く見ているとだんだんと集中力が落ちてきます。
それから黒板の文字もよく見えないことがあります。

通信講座しかやっていない企業では、教室での撮影を避けて
セットを組んで撮影する
ことがあります。こちらのほうが長時間集中して見続けられる
映像教材に仕上がっていることが多いです。具体的に書くと、
背景を工夫したり、電子黒板を使ったりして独自の演出・撮影をしている映像に
なっているので、飽きることもなく、見づらくなることも自然になくなってしまうのです。

3 簿記の3級と2級を格安のセットにしてくれている

これはたとえばの話ですが、簿記3級と2級は、順番に受けようとする人がたくさんいるので、
予備校にしても通信講座にしても2つをセットにしてくれることがけっこうあります。
3級から2級へステップアップする勉強計画は、簿記の仕組みに無理なく慣れることもできて
確かにおすすめできる勉強法ですね。

よくできた通信講座の中には、キャンペーン等をつけてくれて、
3級と2級をセットで受験しても3万円もかからないようにしてくれることもあります。

予備校が通信講座をやっている場合は、2級だけでも5~10万円くらいの
価格設定にしていることもあります
から、費用の面ではかなり分が悪いといえます。

ここで取り上げた条件を全部そろえている通信講座となると自然に限られてくるはずですが、
そんな通信を使用して勉強に少しの間打ち込めば、素人でもみるみるレベルアップして
合格率の高くない簿記2級試験に1発合格することも難しいことではなくなることでしょう。

Copyright(c) 2012 簿記2級試験. All Rights Reserved.