予想問題集の上手な使い方

簿記2級の問題を予想できたら凄く助かると思うのが、受験者の偽らざる本音でしょう。
完全に予想を的中させることは無理だとしても、
できれば次の簿記2級試験でどんな問題が出るのか、概略でもいいから予想がついていると
すごくうれしくなるはずです。
その目的でつくられているものに簿記2級専用の予想問題集がありますが、
いいものを使うと、学力レベルは実際に飛躍的に上昇します

現に簿記2級の試験問題では、頻出問題は決まっています。
たとえば第3問では、「本支店会計」や「精算表」または「財務諸表」等の作成が出てきますし、
それも交互に出てくるという法則があります。
これらの傾向をよく確認しながら問題練習をしたいものですが、
簿記2級では過去問のほかに予想問題集も時間がある限りやっておいてほしいと思います。

簿記2級の予想問題集を入手して使うことのメリットを整理しましょう。

1 次に出る試験の傾向をつかめる

よく考えられた予想問題集は、簿記2級の次の試験にどんな問題が出るか、
緻密な予測をもとにつくられているものです。

2 過去問を徹底的にやったあとにさらに試験対策ができる

過去問は問題が決まっているわけですから、何回もやったらしだいに覚えてしまいます。
そこで、まったく違う問題練習もできるだけやっておくに越したことはありません。
その役割を果たしてくれるのが予想問題集です。

簿記2級の予想問題集は今ではいたるところで手に入るはずですね。
もちろん時間があるのであればどんどん新しいものに手を出してもよいでしょう。
ただし古いものを手に入れることには注意してください。
古い場合は最新の試験対策ができなくなる可能性があります

過去問にしても予想問題集にしても、いちばん安全な入手方法は、
通信講座や予備校等が出しているものを使うことです。
これらの問題集は最新の試験研究結果をもとにして作成されていますし、
説明等も豊富で洗練されている
のが普通ですから。

特に最近の通信講座では、予想問題演習やテストをWeb上から
できるようにしてくれていることもあります。

これはとてもコンパクトに予想問題をやっていけるためとても便利ですね。
こういったシステムもできる限り使って、予想される簿記2級試験問題を
存分にやってから試験に臨むようにしましょう。

Copyright(c) 2012 簿記2級試験. All Rights Reserved.